トランザクションや入力データなどの様々な分析結果から最適な統合画面を自動生成UI ログ

UI ログは、ユーザーのアクションを記録して分析し、会社で実際に使用されているUI機能を識別できるようにします。使用データに基づいて、オーダーメイドの簡易なユーザーインターフェイスを生成します。これは、GuiXT開発を迅速に開始するための優れた方法でもあります。

データ分析

ユーザーアクションの記録に基づいたインテリジェント分析と図は、最適化の可能性を示しています。例えば、処理時間が長いトランザクションや画面などが最適化の候補に挙げられます。

クイックメニューの生成

選択したトランザクションのメニューを自動生成できます。 これにより、ユーザーはオリジナルのトランザクションや、生成された単一画面のトランザクションにすばやくアクセスできるようになります。

単一画面トランザクションの生成

記録された大量の測定データ、つまりトランザクションフローに基づいて、ユーザーが実際に使用するフィールドが含まれた単一画面トランザクションを生成します。

トランザクションフローの表示

必要に応じて、個々のトランザクションフローを詳細に表示できます。

入力データの分析

記録された入力値を分析してより簡単なドロップダウンリストなどの入力オプションや、デフォルト値を持つフィールドを作成できます。

管理と分析

UI ログには、記録されたデータを分析するための多数のオプションが用意されています。 GuiXTスクリプトは、レポートから直接生成できます。

プロセスのグラフィック表示

トランザクションの進行状況をグラフィカルに表示できます。 プロセスを図表化することで、ワークプロセスの複雑さの印象を得ることができ、体系的にワークプロセスを削減したり最適化することが可能です。

GuiXTの製品構成

GuiXTでは、SAP ERPの導入効果を向上させるため、
簡単な操作でオリジナル画面を開発・カスタマイズできるツール群を用意しています。